イメージ画像

看護師求人:専門病院での看護師の仕事

近年、キャリアアップを目指す看護師が増えています。それに伴って夜勤専従看護師が専門病院への就職や転職を希望する人が増加傾向にあるのをご存じでしょうか。小児病院、がんセンター、脳外科など特定の疾患に対して専門的な診察や治療を行う病院の総称が専門病院となります。

よくある総合病院というのは複数の診療科が入っているかと思います。そこではごく一般的な治療のみを行うことになるので、専門的な知識や技術が必要とされる症状・疾患の場合は専門病院に紹介されるようになっています。必要な機器がない場合も同様です。

専門病院はその名の通り、病気や症状に適している最新の機器であったり高度医療機器を揃えていますし、専門的な難しい手術も可能です。
公益社団法人 茨城県看護協会

また、特定の診療科に勤務したい場合にも専門病院はオススメだと言えます。なぜなら総合病院や大学病院では病院内で異動になる可能性があるからです。当初は産婦人科を希望していて晴れて採用になっても、外科に異動になることが普通にあります。

それなら最初から専門病院のように特定の科に特化した病院に勤めたほうがいいと言えます。勤務体制はどうなっているのかというと、基本的には交代勤務となっています。通院している患者さんや入院している患者さんが大勢いるので、24時間体制で業務が行われているからです。

特定の疾患に特化した薬の投与や症状の説明など専門的な業務を任せられるので、専門的な経験や知識が求められます。特殊な症例の患者さんを任されることが多いので、その疾患にあった専門的なケアも学ぶ必要があります。

時には心のケアも任される場合もあることでしょうし、働いているうちに心身ともに大きな負担がのしかかってくるかと思います。業務中心の生活となりますから、体調を崩さないように管理することも大切となってきます。

このように大変な業務を任される分、一般的な看護師と比べて給与が高い傾向にあります。専門病院で働くためには臨床経験が必要であったり、すでに専門的な技術と知識がないといけない場合があるので、求人情報を確認するようにしましょう。

男性看護師だって需要がある

看護師と言えば女性というイメージがありますよね。 今では看護師と呼ばれていますが、 以前は看護婦と呼ばれるのが一般的でした。

それは男女雇用機会均等法など男女平等の社会へと 進んできているからなのです。 それでも看護師はやはり女性の割合の方が圧倒的に多いです。 看護師と言えば女性のお仕事だと言われるようになった きっかけの人物がフローレンス・ナイチンゲールです。

フローレンス・ナイチンゲールはクリミア戦争の時に 38人の女性を引き連れて怪我をした兵士の看護をしました。 敵も味方も関係なしに看護を行うという 献身的な姿が人々の心を動かしました。

看護職は宗教的な奉仕活動でしたが、ナイチンゲールは 看護職を宗教から分離し、職業として変化させました。 これが看護師は女性の仕事だと思われるきっかけです。

しかし、実はそれ以前は看護師は男性のお仕事だったのです。 17世紀のヨーロッパでは、男性修道士が 病院で奉仕活動の一環として看護を行っていました。 これが看護師の起源であり元々は男性のお仕事だったのです。

そして近年、男女平等が騒がれるようになり、 男性看護師、准看護師、保健師の人口が わずかながらに増えてきました。 現在男性看護師は6%前後ですが、2002年は3.4%でしたので この十年ほどで増えているということがわかりますね。

特に、不穏状態の患者が暴れる可能性のある精神科や、 重い機材を運んだりする手術室などでは 男性看護師の需要は増えてきているのです。 そして、高齢化社会が進んでいく中、介護施設や福祉施設で 看護師自体の需要が今後さらに増えてきます。

そうなると男性看護師の需要も今後更に増え続けていくわけですから、 もしかすると、男女比の差が無くなりどの職場でも 男性看護師がいるという時代がくるかもしれません。 実際に看護師として働いている男性は、 業務の中には男性の方が向いているものもあると言っています。

例えば複雑で時間のかかる手術の補助、瞬時の判断が必要な場面、 重い機材を運んだりする力仕事などは男性の方が向いているそうです。 今後どんどん男性の方が向いている仕事が増えてくると思います。 現在でも男性看護師の需要はありますので、 男性の方も職業を選択する際に看護師を視野に入れてみてはどうでしょうか。

看護師の給料の高い職場と安い職場

同じ職業でも勤務先によって給料が 変わってくるのは当たり前です。 看護師も例外ではなく、勤務先によっては 高収入だったり安かったりするのです。 では看護師ではどのような職場は給料が高いのか、 または安いのかご紹介します。

まずは給料の高い職場からです。 給料の高い職場のうちの1つに精神科病院があります。 不穏状態の患者さんはいつ危害を加えてくるかわかりません。 そのため危険手当というものが給料の ベースとして入っているそうです。

それに精神科を希望する看護師が少ないので そのようなことも給料が高い原因かもしれません。 そして次に有料老人ホームです。 こちらは求人を見てみるとわかると思いますが、 他の職場よりも給料が高いところが多いそうです。

ただ、有料老人ホームの場合は勤務する看護師の 人数が病院と違って少ないため、自分ひとりで判断を しなくてはならない場面が多くなると思います。 その次に美容整形外科があります。 美容整形外科では特に手術室や外科などでの 実務経験のある看護師が優遇されるようです。

ただ、高収入な分、土日出勤必須だったりと お休みをとるのがなかなか難しそうです。 他にも重度心身障害者施設もあります。 こちらは公務員として勤務することになるため 給料は高くなっています。

そして特殊なスキルが求められているので、 特別手当もプラスされるそうです。 更に食事の補助ができれば給料はもっと上がるそうですよ。 では一方の給料が安い職場はどんなどころなのでしょうか?

まずは高齢者向けの施設や介護系の病院です。 こちらは医療行為というよりも介護が中心となっており、 そのため看護師の人数よりも介護師などのほうが多いです。 毎日医療行為で忙しいという職場ではないので 基本給が安い職場が多いそうです。

また、小規模の病院やクリニックも給料が安いです。 小規模なため新しく看護師を募集しているところは 少ないのですが、基本給が平均的かもしくは 平均より安いところが多いようです。 そして夜勤も無いので夜勤手当もありません。 給料は安いですが、従業員が少ないため スケジュールの融通が効かないようです。

他にも給料が高いところや安いところは探せば たくさん見つけることができます。 求人サイトを使えば比較することも出来ますし、 是非利用してみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ