看護師求人:専門病院での看護師の仕事

近年、キャリアアップを目指す看護師が増えています。それに伴って夜勤専従看護師が専門病院への就職や転職を希望する人が増加傾向にあるのをご存じでしょうか。小児病院、がんセンター、脳外科など特定の疾患に対して専門的な診察や治療を行う病院の総称が専門病院となります。

よくある総合病院というのは複数の診療科が入っているかと思います。そこではごく一般的な治療のみを行うことになるので、専門的な知識や技術が必要とされる症状・疾患の場合は専門病院に紹介されるようになっています。必要な機器がない場合も同様です。

専門病院はその名の通り、病気や症状に適している最新の機器であったり高度医療機器を揃えていますし、専門的な難しい手術も可能です。
公益社団法人 茨城県看護協会

また、特定の診療科に勤務したい場合にも専門病院はオススメだと言えます。なぜなら総合病院や大学病院では病院内で異動になる可能性があるからです。当初は産婦人科を希望していて晴れて採用になっても、外科に異動になることが普通にあります。

それなら最初から専門病院のように特定の科に特化した病院に勤めたほうがいいと言えます。勤務体制はどうなっているのかというと、基本的には交代勤務となっています。通院している患者さんや入院している患者さんが大勢いるので、24時間体制で業務が行われているからです。

特定の疾患に特化した薬の投与や症状の説明など専門的な業務を任せられるので、専門的な経験や知識が求められます。特殊な症例の患者さんを任されることが多いので、その疾患にあった専門的なケアも学ぶ必要があります。

時には心のケアも任される場合もあることでしょうし、働いているうちに心身ともに大きな負担がのしかかってくるかと思います。業務中心の生活となりますから、体調を崩さないように管理することも大切となってきます。

このように大変な業務を任される分、一般的な看護師と比べて給与が高い傾向にあります。専門病院で働くためには臨床経験が必要であったり、すでに専門的な技術と知識がないといけない場合があるので、求人情報を確認するようにしましょう。