イメージ画像

看護師になる方法と種類

患者として病院に行ったり実際に入院するとわかりますが、看護師というのは患者と接する機会がとても多いお仕事です。医師の指示により診察を補助したり、入院生活が過ごしやすいように患者さんを助ける役割があります。

専門的な知識と技術が必要であり、身体だけでなく時には心のケアが求められます。医療従事者の一員として大変重要なポジションだといます。医療関係の仕事は沢山ありますが、その中でも1番やりがいと喜びを感じられる職業だと言われていますね。

看護師になる為には高校の看護科や看護学校などで専門的な教育を受ける必要があります。そして卒業した後に国家試験に合格することでようやく看護師として働くことができます。

なぜこのような決まりがあるのかというと、保健師助産師看護師法という法律によって定められているからです。厚生労働省の免許を得てからではなくては看護師として現場に立つことは許されません。 今すぐなろうと思って簡単に看護師になることはできないということです。

ここで説明する看護師は正看護師のことです。他に准看護師がありますが、都道府県での試験に合格して知事から免許をもらった人が准看護師となります。准看護師も正看護師も看護専門の教育が学べる学校に通う必要があります。

正看護師と准看護師には他にも違いがあり、准看護師は医師・歯科医師または「看護師の指示」を受けて診療の補助などを行う者と定められています。「看護師の指示」とは正看護師のことです。

さらに看護師の中には認定看護師、専門看護師という認定を受けた看護のスペシャリストが存在します。認定看護師になるには特定の分野における熟練した知識と技術が必要です。必要な教育過程を修了し、看護協会から認定を受ける必要があります。

専門看護師は日本看護協会専門看護師認定試験に合格しなければなりません。特定の分野において卓越した看護実践能力が求められます。看護師になってからもさらに知識と技術を高めて、専門看護師や認定看護師を目指している人が沢山います。

このページの先頭へ