イメージ画像

看護師、育休から復帰のタイミング

現在お腹に赤ちゃんがいる看護師さんの中には、育休を終えた後の復帰時期に悩んでいる人もいるでしょう。育休前はどのくらいまで勤務したらいいのか、育休を貰って看護師に復帰するのはいつごろがベストなのか、これらの時期に迷っている看護師さんは少なくないのです。

先輩の看護師さんに聞く事ができれば問題ないのでしょうが、就職先によっては出産をきっかけに仕事を辞めてしまって、産休や育休の時間や適した開始時期がわからない人もいると聞きます。出来れば一般的な期間やタイミングを知っておきたいものですよね。

看護師の業務内容というのはとにかく体力勝負なところがあります。出産のギリギリまでがんばりすぎると体に悪影響となり、最悪切迫流産などを引き起こす可能性もないとは言えません。まずは体のことを一番大切にして、産休に入るようにしてください。

育休からの復帰のタイミングは少し複雑です。制度で設定されている休みを全部使ってから看護師に復職するという方法もありますが、長い間看護現場にいられない事で、看護の現場の進化についていけなくなってしまうことも考えられます。

復帰のオススメ時期は、ちょうど新人看護師も入ってくる4月というタイミングがベストです。ブランクで鈍っていた感覚をもう一度思い出すのにも、効果的な時期と言えます。

育休から戻ってきた看護師さんの中には、今まで担当していた部署ではないところに飛ばされてしまった、という人もいるようです。配置が換わってしまうことにならないように育休は避け、産休だけで復帰する看護師さんもいると聞きます。

もしも今までの職場ではなく、新しい職場で看護師として働きたい場合は、産休や育休で看護師が足りていない病院を考えてみましょう。中でも国立や県立の病院や、地域に根付いた総合病院などの大きな医療施設では、病院の大きさと比例するように看護師の数も多いです。

看護師の数が多いということは、産休や育休で現場を離れている人数も同様に多いと考えられます。その分長期にわたって勤務する事が可能です。医療の現場に復職し、看護師を続けたいという人は、看護師に特化した求人サービスを上手に利用してみましょう。

子育てに追われている看護師さんや、自分らしく働きたい看護師にとっては、求人サービスはとても助かるシステムです。医療現場に強いコンサルタントがどんな時でも相談に乗ってくれますので、転職しない方が良かったな、という後悔はとても少ないと聞きます。

このページの先頭へ