イメージ画像

夜勤専従看護師になるメリット

夜勤専従看護師は決して楽な仕事ではありませんし、辛いと感じることもあるでしょう。実はその一方で人気のある働き方だということはご存じですか。夜勤はキツイ仕事だからと避けている人もいるかと思いますが、メリットも存在します。

忙しい時には仮眠すらとれないし、看護師が少ない中で業務にあたらなくてはいけないからと夜勤を避けていたという看護師さんも中にはいるはずです。残念ながらそういった労働環境におかれている看護師さんがいることも現実ですが、医療機関によっては夜勤体制がしっかりしているところもあるのです。

厳しいとされる一方で働きやすいように配慮されている病院もあり、医療機関によって環境は様々です。 だから日勤・夜勤だからといって一概にどちらが良いとは断言できませんが、夜勤専従にしか感じられないメリットもあります。

まずは夜勤の場合は夜勤手当が付くので、待遇面が優れていると言えます。日勤でしたら月に4回程度しか夜勤手当が付かないかと思いますが、夜勤専従なら勤務の数だけ夜勤手当がもらえます。

夜勤専従看護師を必要としている医療機関の中にはかなりの好条件で雇ってくれるところもあり、夜勤手当などの給料面が充実しています。給料をアップさせたいなら夜勤専従になるのが近道だと言えるでしょう。

また、日勤と比べてプライベートな時間を確保しやすいです。夕方から朝までの勤務時間となるので、夜勤明けは丸一日フリーな時間を満喫できます。夜勤の前夜をゆっくり過ごせるので、時間がほしい人にもオススメです。

時間だけでなく、精神的にもゆとりある生活が期待できるので、家族との時間がほしい人や資格試験の勉強がしたい人など、様々な事情にもマッチしています。夜勤専従看護師というと、どちらかといえば辛いというイメージが先行してしまいますが、これらのメリットがあるのでお金・時間・精神的なゆとりがほしい方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ